読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいぞうのメモ帳

言語設計のお勉強

mrbox -- mruby binary manager -- を改めて紹介する

mruby advent calendarで書いたmrubyのバイナリを管理するmruby-cli wareがとりあえず困らない程度に実装出来たのでご紹介します。

mruby

以前書いた記事を参照ください。mruby1.0.0だか1.1.0の頃の話ですが変わったところはないと思います。

keizobookman.hatenablog.com

動機

mrubyを使って開発をしているときに、必要なgemを組み込んだmrubyの実行バイナリが必要になります。 しかし、mrubyのライブラリはstatic linkでgemを加えたいときは毎回リビルドが必要になります。 さらに、開発・テスト・本番で組み込みたいgemが違う場合は結構あり、それを手元でよしなにする方法がありませんでした。

mrbox

github.com

そこで実装したのがmrboxです。mruby sandboxの略のつもりで名前をつけました。"えむるぼっくす"か"えむるおーえっくす"かは各自好きに読んでください。
MacとArch Linuxを移動しながら開発していたのでそれらでの挙動はある程度保証できます。Windowsはビルドが出来なかったのでまだサポートしていません。
手持ちのWindows機は開発環境が整っていないのでv1.5とかv2.0とかでの対応になるでしょう。

mrboxを実行するとhelpが出力されます。

$mrbox 
Usage: mrbox [mrbox options] [command] [mrbox options] -- [mruby option]
Author:Kouichi Nakanishi(keizo042)
mruby binary sandbox manager.

example:
---

$mrbox build --name hello
$mrbox mruby --name hello -- -e 'puts "Hello mrbox World!"'

---

At first, you must execute 'mrbox setup'. 
by default, it use default mruby repository.
if you specifiy option '--name', download mruby repo into local  and manage it as this name.

options
--file (-f)     ---   using specific mruby's build_config.rb
--name (-n)     ---   nameing mruby binary, it use when build,clean,mruby.mirb,mrbc

subcommands:
build -- build mruby binary.
clean -- clean up mruby repo
help -- print help and version
init -- intialize local mrbox sandbox
show -- show your named mruby binaries
setup -- setup global mrbox's mruby sandbox
update -- update mruby repo
mruby -- use mruby
mirb -- use mirb
mrbc -- use mrbc
mruby_strip -- use mruby-strip
edit -- edit build_config.rb
config -- config mrbox

使い方は上記のexampleにあるように、--nameでインストールするmrubyにネームタグをつけて、
--fileで使用するbuild_config.rbを指定します。
実行するときは、--nameでつけたネームタグを用いてそのmrubyリポジトリを呼び出しbuild,update,executeなどを行います。
オプションは -- で区切られ、--以前はmrbox, -- よりあとは実行するバイナリに渡されます。

mrbox setupコマンドはデフォルトのmrubyレポジトリを落としてくるなどの環境のイニシャライズで、
~/,mrboxディレクトリになんやかんやを用意するコマンドです。
今はディレクトリを掘っているだけですが、今後の機能拡張に伴いいろいろぶち込むことを想定しています。

$mrbox setup
$mrbox build --name hello
$mrbox mruby --name hello -- -e 'puts "Hello mrbox World!"'

一度buildしたプロジェクトのbuild_config.rbはもう一度build --name helloなどをするか

$mrbox edit --name hello

とすることで編集が可能です。
mrbox edit helloでも編集出来るようにもしようと考えています。

TODO

  • stdin/out/errの取り回し
  • bovi/mgem対応
  • gembox対応
  • mrbox configコマンド実装
  • mrbox initコマンド実装
  • mrbox cleanをmrbox rmにrenameして改めてmrbox cleanを実装
  • サブコマンドオプション整備
  • Windows対応

bovi/mgemを呼び出してmgem configのbuild_config.rbを用いることや、mruby-onig-regexpの関係でビルドから外しているWindowsビルド整備や、
internalで呼び出しているrm -rf などをmrubyに移植したり(mruby-fileutilsの整備が必要)、gitコマンドを叩いているところをmruby-gitとしてexportしたりなどを考えています。

とりあえず困っていたmrubyバイナリの管理は解消されていい感じになりました。
mruby advent calendarの記事でも宣言したように2019/1/31をめどにv1.0.0をリリースし破壊的変更を控えるようにします。
それまではインターフェースをガンガン破壊的に変更していくつもりなので人柱力が高いひとのご協力をお願いします。

mrubyの実行バイナリをbuild_config.rbごとにswitchしたい話

このエントリーはmruby Advent Calendar 2016 - Qiita の7日目として書かれました。

昨日はyharaさんの 細かすぎて見つからなかったmrubyの非互換 - NaCl非公式ブログ でした。 細かいところを詰めていく技術はぜひ見習いたいものです。

あらすじ

mrubyはライブラリであるmrbgemをstatic linkして使うため新しいgemを使うたびにリビルドが必要になります。
僕は普段、作業ディレクトリごとにmrubyのrepoを拾って来て作業しているのですが、少々かったるいもので、 開発中にbuild_config.rbが異なるmrubyバイナリを自由に変更できないかなーと思うときがありました。
例えば

  • mruby-mtestを組み込んでいる or いない。
  • mruby-json or mruby-iijson or mruby-pjson 違い
  • 正規表現ライブラリ違い

あたりです。 なのでmrubyバイナリを管理するCLIを実装しています。 Goで書くか迷ったのですが、言語のエコシステムはその言語で作りたい点からmruby-cliを用いています。

github.com

まだ全然動かない。ごめんね。 今週末には動くようにしておくので...

用例

$mrbox --name sample --file build_config.rb build 
$mrbox -n sample mruby sample.rb

とするとbuild済みmrubyバイナリを呼び出してsample.rbを実行するようにする予定です。

雑記

rubyで言えばbundler、仕組みはhaskellのstackを大いに参考しています。 haskellのstackはコンパイラのインストールもマネージャーの方で管理しているのでそのへんの参考とします。

コマンドの実行時にmrubyバイナリを指定する方法はどうしようかとか、名前がダサいから絶対に変えようとか、
mrbenvって名前をつけたかったけどrbenvとサブコマンドを揃える気はさらさらないから候補から外したとか
色々ありますが、来年1/31日をめどにv1.0.0にするつもりなのでその日までは破壊的な変更があってもお目こぼしください。

なにかご意見がありましたらブコメgithub issue、ツイッターあたりに書いておいていただけると読みやすくて助かります。

GitHub - qtkmz/mrb: command line tool for mruby とか [GitHub - bovi/mgem: A program to manage GEMs in mruby にpull requestしてしまうのも一つの形だと思うので、そのへんも含めてご意見ください。

明日のmruby アドベントカレンダーの方は絶賛募集中です

http://qiita.com/advent-calendar/2016/mruby

pi calclusを学ぶにあたって参照したドキュメントとその紹介その一

動機

ぼくはgopherなのでgorutine/channelを用いたプログラミングが好きだ。
ついでに非同期、並行プログラミングも好ましいもので、haskellやrustなんかの手法を知ってにやにやしている。
それらにともなって背景とされるhoareのCSPとその拡張のpi calclusについて調べて遊んでいる。
なんか寄り道をしてタネンバウムの分散システム本をなめたりTaPL再読なんかもしているが、
それはそれとして様々なドキュメントを参照した。
それぞれを紹介することで自分への理解度を試したいと思う。
言ってしまえば、ぼくの愚痴であり、自習ノートである。
ついては、ぼくの紹介が不十分であったり間違っていたりした場合には、
ブクマコメやツイッターなどでdisっていただけるとぼくの勉強の一助となってありがたい。 ついでに、間違った情報を界隈に広めずに済む利点がある。ご協力いただける方々には感謝を捧げたい。

以下紹介

初歩の理解のために

和訳版TaPL監修やmini-camlのsumii先生(たぶん)のところのWebにあるπ計算の紹介記事。
true/falseの定義や再帰的な処理に関しての記述を簡単に書いてある。
十全な学習にはならないが導入としてわかりやすい。
encoding: ISO-2022-JPじゃないと読めないため要注意

大学の諸先生方には口を酸っぱくして「wikipediaは参考にするな」と教えられたが
それはそれとして和訳本が見つからず、一単語しか知らない時にwikipediaのreferenceとlinkを参考にするのは大変手っ取り早い。 後に述べるMilnerの原論文のsummary的なものに仕上がっている。また、応用についてのrefをたやすく得ることができる。
spi calculus, ambient calclus, Calculi of Sequential Process, Algebra of Sequential System などだ。

pi calculusはCSPの拡張だからprocess algebraの歴史をさらっておくと理解が進むような気がする。 process algebraのサーベイ論文を読むことにした。
意味論の登場からbetri netにつながり、CCSやCSP、ASPへの経緯。またpi calclusへの拡張のモチベーションが分かるような気がする。

大本命、pi calculusの原論文。この後何回かの拡張(チャネルの可変引数とか)がされているため、後発の資料に書いてある定義と異なる部分が多々ある。
あと、記法に関しても多くの方言が存在するようだ。
part 1とpart 2で構成されていてpart 1は最小のにgrammer(と僅かなsyntax sugar)と等価性、双模倣性に関する簡単な記述と数多くの具体例(encoding to lambda calculus, tupple etcetc)、
part 2は等価性と双模倣性の関係や、強い双模倣性と弱い双模倣性に関する詳しい記述がある。
双模倣性は余再帰を用いてよしなにするらしいという点とTaPL21章に詳しいと聴くがちゃんと読んでいない。

大学の図書館にあったので借りて読んでみた。日本語で書いてあり、大変わかりやすく、前提なしでも程度理解できる。 食事する哲学者の例えを用いていたりJCSPを用いて実装からCSPを用いた並列と検証について記述している。
Javaが読めなかったので半分くらいしか読んでないが、実用における用途は大体書いてあってちょっと知りたいだけなら これよんでおしまいで十分のようだ。

next step

可変長の引数を取るプロセスへの拡張。 Milnerの原論文でプロセスに多変数を束縛する構文が備えられていた。
複数の経路を受け取ることもできるわけだし、この構文がそのまま可変長引数に当たると思うので何故わざわざ拡張しなくてはいけないか。
自分の理解は

間違っている事に気がついたのであとで書き直す

単純な型付きpi calculusについてのスライド。形式的定義が書いてあるので、どのような定義が与えられるのか参考にした。 このあたりで一度TaPLを読み返し単純型付きラムダ計算との比較などをすると面白い。

conclusion

pi calculus、ひいてはCSPさらにはプロセス代数にまつわるドキュメントを参照として並べた。大変お粗末なものである。
形式的な定義を理解しその意味を知ることはより良い並行性、非同期性の手法を考えるのに意味があるんじゃないかなと思う。
pi calculus特有の型システムの存在しているのかだとかASPやspi calculusにanbient calculus
あまり関係ないがbetri netやactor modelなどの比較ドキュメントなども知りたいので探していきたいと思う。
プロセス間の通信経路を持つ(そのような抽象化がされている)言語でregion infferenceは使えるのかとかgorutineのGC実装にどれくらいCSPの影響あるのかなども気になるところだ。
multithread programmingにおけるGCが使えるような気がするからgorutineでのGCはそんなにプロセス代数を背景にしていないような気もする。 グリーンスレッドに関する研究開発はそれは昔からあったであろうし。
線形型をpi calculusに落としこんだらメモリ開放もよしなにできるとかないだろうか。

こんなアホなことやってないで、留年生らしく単位とって進級しろと怒る学友の姿が目に浮かびすぎてつらい。
だいがくおもんないなぁ

appendix

コレも読んどけ
* Type and Programming language
邦訳"型システム入門" 通称TaPL ある程度の予備知識として単純型付きラムダ計算についての理解があるとpi calculusの動機についてインフォーマルな理解ができると思う。
5,6章辺りまで、深く追いかけたとしても10章まで読めばpi calculusへの導入としては十分に思える。

  • Advanced Topic in Type and Programming language
    上記"型システム入門"の発展版 多分通称はATTaPL
    ただし僕の周りにこれを読んだことがある人がいないのでなんて呼ばれているかは分からない。

rust1.7.0のTcpStreamに関する所見

tl;dr;

rust 不慣れな感じがバリバリ出ている僕のための覚え書きエントリ

intro

今後様々なプロトコルを様座な言語で実装する遊びを行うに当たってはじめにrustでなんか実装することにしたから、rust 1.7.0のstd::net::TcpStreamに
関する取り回しを考えてみた。 おそらく僕はそれらを忘れると思うので、念の為にまとめてみたいと思う。
 rustに関する説明は www.rust-lang.org
 またソースコードgithub.com
 手始めに覚えたい人は このtutorialを見ると良い。
 最後のtutorial。tutorialとか言いつつ結構色々あって一週間くらい毎日読まないと全部読み終わらないっぽいのが強い。

ハマったコード

HTTP/1.1を叩くだけの簡単なプログラムを書いた

use std::io::prelude::*;
use std::vec::Vec;
use std::net::TcpStream;
use std::string::String;

fn main()
{
    {

    let url = String::from("google.com:80");
    let mut stream = TcpStream::connect(url.as_str()).unwrap();

    let _ = stream.write(b"GET / HTTP/1.1\nHost: google.com\n\n");
    let mut s : Vec<u8> = Vec::new();
    let _ = stream.read_to_end(&mut s);
    println!("{}", String::from_utf8_lossy(s.as_slice()));
    }
}

このコードはgoogle.comの80番ポートにあるHTTP1.1サーバにGETを要求するだけの簡単なプログラムだが、
ずっとblockingしてstdoutへの出力が一向に出てこない。

tcp timeout

この時点での問題は std::net::TcpStreamのdocumentにnoticeとして書いてある。

doc.rust-lang.org

TcpStreamにはreadとwriteのtimeoutがあり、これを設定せずにNoneのままにしておくとobj.readが無限にブロックする。 つまりstream.read_to_endが現状ではblockしてprintln!まで出てこない。 よって obj.set_read_timeoutを設定すれば良い。

use std::net::Duration;

//中略
     let _ = stream.set_write_timeout(Some(Duration(10,0)));
     let _ = stream.read_to_end(&mut s);
    println!("{}", String::from_utf8_lossy(s.as_slice()));
    }
}

timeout目一杯まで待ってしまう

 先ほどの変更を加えるとresponseを受け取れる様になった。が、timeout時間目一杯までresponseがblockした。

shutdownを呼び出す

使い終わったstreamに対しshutdownを呼び出す事によって、timeoutまで待たない処理を書けるようになる。 shutdown関数はstreamの処理を直ちに終了しその時点で適切な返り値を設定する。例えば、Result型におけるOkを返すようにするなどする。 これを呼び出すと望み通り動く

use std::net::Shutdown;

//中略

    let _ = stream.write(b"GET / HTTP/1.1\nHost: google.com\n\n");
    let _ = stream.flush();
    let _ = stream.shutdown(Write);
    let mut s = String::new();
    let _ = stream.read_to_string(&mut s);
    println!("{}", s);
    }
}

shutdownはShutdown型をうけつけShutdown型はBoth, Write, Readのenumだ。 でもコレ以降TcpStreamを受け取れなくなるからナンセンスな感じがすごいする。 try_cloneして複数オブジェクトからTcpStreamを共有したときにこの方法は使えない

結果

ほんまどうにもなんねぇな

ここから所見

rust langは並列並行処理を強くサポートしメモリ管理を厳しく行う言語である。
そのため、標準ライブラリのAPI設計も強くメモリ管理を意識した設計になっていて、
更に問題を並列化で解決させようとするきらいがある。

ひとつのTCPコネクションを取り回して設計したりするとき、rustが求める使い方は
TcpStream::connectでstreamを取得したら、ブロックでスコープを分けて、try_cloneでオブジェクトを複製して
スコープが閉じるタイミングあたりでオブジェクトの寿命が来るように書いて、複製したメモリは
region infferenceで回収させるといったかんじにするべきなのだと思う。 しかしどうあがいてもtimeout目一杯までのまつ問題は解決できなかったためこれどうなってのまじで。

おしまい

 

pixiv 2016 SPRING BOOT CAMP に行ってバックエンド(の一部)を触ってきた

inb4, tl;dr

ssl.pixiv.net

の感想エントリです。

  • github面接で受かった
  • 技術職と総合職(一般職)が半々で二十人弱来てた
  • やることは運用されているコードの改善
  • ミドルウェア/処理サーバ実装を好むインフラ系技術職は(おそらく)僕だけだった
  • グループ開発だったが僕は一人チーム
  • 書いた言語はC++
  • やったことはオレオレプロトコルサーバの冗長化実装
  • 普通に時間足りなくて終了
  • 面白かったよ
  • 今回の課題方針だと、技術職インターン生の割合はどうしてもPHP/Railsエンジニアが多めになる傾向を感じる
  • でも課題によってはセキュリティ系が多かったり僕みたいなのが多かったりまちまちっぽい

以下、詳細に説明していきます。

対象読者とまえがき

 当エントリは、Pixivの学生インターンに興味のある技術職向けに書きます。
また、僕の主観はインフラ/ミドルウェア開発に寄っているので、
Pixivを志す学生の多くを占めるだろうPHP/RailsやHTML/CSS/JSによるWebアプリケーション開発者や
Andoroid/iOS開発者としては不満の残る記事になるかもしれません。

 さらに、総合職の人とはあまり話してないので、彼らひいてはこの記事を読むであろう
総合職志望のあなたが持つの関心にそうことができないと思います。

 幸いなことに、同期のインターン生のかれらもまた彼らのエントリを書くことになるので、
Pixivの広報ブログなり何なりから探してみてください。
多くの技術職インターン生はPHP/Railsに詳しい学生でしたし、データ解析やデザイナーの学生もいました。

参加のきっかけ

github面接って応募するコストがまったくないので、締め切り2時間前くらいにぽいっと投げました。
知ってたけどgithub面接って応募するのは楽でも採用するのはエンジニアの時間を持ってくのでけっこう大変らしいですね。
理由は自社ホスティングWebサービスを主にして回っている企業の中身を見てみたかったというのが強いです。 あと金。

採用まで

github面接なので書類はほぼなし、「面接しよ?」ってメールが来たのでSkype面接をお願いして
日程合わせて、お昼から30分弱くらいおしゃべりしました。 RailsPHPもわからんって話とmrubyのC ext ライブラリを書くのが趣味だからruby自体はそれなりにわかるみたいな話をしました。
あと、Go言語が好きでconcurrencyを用いてリクエストを捌くのが面白そうって話はしたようなしてないような気がします。
そしたらなんか受かってたので楽しい東京旅行が決定しました。

環境

 オフィスは商業ビルのワンフロア。フリードリンクでコーヒー、緑茶、紅茶、みそしるから好き勝手持ってってよし。 椅子はいい感じに座りやすい。最寄りの駅からは5分くらい。 パソコンは持ち込み可、僕はZenbookにArchのっけて使っていますが、技術職はほぼMac稀にubuntu/debian、総合職の人たちは
Mac or Windowsでした。 インターン生は、来月新卒が来るらしい空きスペースに陣取って、わいわい開発をしているみたいでした。 

 遠方からのインターン生にはビジネスホテルの部屋が割り当てられて徒歩30分くらいの場所です。

僕はカフェイン中毒者なのでオコーチャとコーヒーを交互にかっぱかっぱ開けて飲んでいました。
勤務時間は10時から19時まで(8時間+1時間休憩)。
真面目に考え事していると18時くらいには眠くなってしまうのと定時帰宅するという強い意志をもって臨んでいたので大体とっととホテルに帰ってゆゆ式見ていました。

課題の割当

みんなの話

 そもそものインターンのコンセプトにとしてPixivの裏側を見れるってのがあり
それにで釣られて来た学生なので、それぞれPixivのサービスの改善の提案と 実装を5日間で試してみるっていう話だったと思います。 二,三人のチームに技術メンターさんと総合職メンターさんに統括の人がついて
下手な会社の研修より人員が投入されてそうな気配すらありました。
おそらく、解析とかマーケとかに興味のある総合職さんの提案を、技術職やデザイナーが
吟味して実装に落とし込む見たいなフローだったんじゃないかなぁと思ってます。たぶんね。

ところで、僕の話をしますと

まずインフラチームのところに連れてってもらって、インフラチームの技術職の人にメンターをしてもらいました。
そしてやや中規模くらいのC++ソースコードを渡されて、コードリーディングをしてもらって内容の把握と設計の方針を教えてもらった後、一人ひたすら拡張の実装を行いました。
冗長化実装を主にやってたのは、僕の中で洗い出された方針の中で調査に時間がかからなそうだったと、メンターさんのおすすめと、改善に必要な情報が守秘義務項目にかかりそうでいらん守秘義務を持つのが嫌だったからです。

 他のチームがユーザから見える部分に重きをおいた課題だったのに対して
僕はサーバの改善というひたすらに技術的な課題を与えられました。
githubにはミドルウェアの拡張とかshared librayの言語clientだとか 言語 to 言語のFFIみたいなのばっかおいているので なんかそういうのが向いていると思われたらしいです。
慧眼だと思います。

 そもそもインフラがメインっぽい人たちは僕以外そんなにいない上に、
当初の予定では、今回はインフラっぽい人が来ることは想定してなかったらしいので
TODOではあるけれどASAPでもMUSTでもないタスクを割り振られた感じがしました。 万が一改善したら御の字みたいなやつ。触りやすくてGoodでした。

 想定外の方向性をついてインターンに参加するとほぼ実務みたいなのが出てきて面白いので
インフラのみんなもPixivをつついて遊んでみましょ?

結果

  課題の結果と、割当の結果についてお話します。

課題の結果について

 技術的調査と仕様の拡張の策定に3日かかりました。ちなみに、全体的な方針はともかくとして個人的にはとりあえず実装してみるという方針で行い、多少悪筋でも動くものを提出するようにしました。 だいたい午前と午後の始まりと終わりにメンターさんに方針を相談して、方針の問題点を洗い出して、 次の調査を行って相談して洗い出してを繰り返していました。必要上、現行の運用方針とかも聞いたりするのは楽しかったです。  C++も書いたことがなくて主にblocking pararrelの調査に時間を割きました。

仕様を提案してレスポンスが返ってくる実装はしたのですが、プロトコルを拡張しただけでサーバとして動く実装が終わらなかったのが心残りです。
プロトコル拡張も仕様としての整合性がいまいち取れてない点に気がついちゃってその対応も半ばという状態です。 ぶっちゃけて言うと時間が足りないのが悪いんじゃい。 最終報告の際、粛々と手堅くエンジニアリングしている的なことを言われたのは喜ばしいことでした。
総合職インターン生やフロントエンド側のインターン生の反応とかいまいちで(喋ってる側としても思ってたけど正直反応に困るってのが普通だと思います)、まあインターン生の中では一番地味な成果だったと思います。

割当の結果について

 他のチームは数人の学生に技術メンターと統括メンターがついておりまして、 また、統括メンターさんは複数のチームを文字通り統括していらしたので、かなり大変だったと思います。
さらにまた面白い話で、僕はインフラチームに連れてかれた後、そのままインフラチームのテーブルで、他の学生と離れて作業していました。
なので統括メンターさんがこっち来ることはあまりなくて、技術メンターの人の隣で作業していたことも相まって 半分OJT状態です
この状態は個人的には、プログラミングのあれからこれまでを相談する相手ってのに恵まれたことがなかったので好ましいものでした。
(プログラマーの先生ってソースコードだよね。仕様がわからんかったら公式ドキュメントか最悪コンパイラ読めよそこにはすべてを置いてあるっていう勉強の仕方してる人です)
元のコードの設計も手堅いように見えましたし、メンターさんの受け答えも明快だったので捗りました。

その状態に問題がなかったかってっとそうでもなく、一番の問題は、他のインターン生とやりとりが一切なくて、最終日の打ち上げでおまえ誰だ感がなかったようななかったようなあったようなって感じです。
KPTも初日しかしてなかったし。
コミュニケーションコストを支払ってチーム開発するのと、一人設計をし続けるのではやはり色々と違うものがあるので、その辺を体験できなかったのは痛手かもしれません。
そういえば、なぜかインフラチームの朝会に混ざって聞いていたのであれはとてもおもしろかったです。途中からなぜか自分もしゃべるようなったので、さらに面白くなりました。 お昼も社員さんに混じってばっかでしたし(おごってもらったありがたい)、水曜日にあった全社員によるランダムマッチお弁当大会(席を完全ランダムに決めてお弁当を食べる)も系列会社だかなんだかの人を他のインターン生が質問攻めにしているのをのんびり聞いてました。

まとめ

ほかにもいくつかありましたが、僕が書くべきことはこれくらいかと思います。
自社ホスティングWebサービス企業において、最も良い環境をエンジニアに提供している企業のひとつであるかと見受けられるPixivさんを見ることができたのは僥倖でした。
しかし、実装がおわらんかったのはすごく痛いなぁ。

 僕は技術と嫌いなことをやらないことと遊ぶことの次にお金のことを考えているので、今回のインターンにかけられたマンパワーと経費を脳内で換算しながら説明とかを聞いていたのですが、 おおーってずっと思いながら聞いていました。ここに書くのもなんなのでリアルで会える知り合いは僕に話題を振ってみてください。守秘義務に反しない程度にお教えします。
インターン終了の次の日、立川シネマシティでガルパンの極爆上映を見た後、博多への新幹線に乗りお家へかえりました。
thnx for reading.