読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいぞうのメモ帳

言語設計のお勉強

pixiv 2016 SPRING BOOT CAMP に行ってバックエンド(の一部)を触ってきた

inb4, tl;dr

ssl.pixiv.net

の感想エントリです。

  • github面接で受かった
  • 技術職と総合職(一般職)が半々で二十人弱来てた
  • やることは運用されているコードの改善
  • ミドルウェア/処理サーバ実装を好むインフラ系技術職は(おそらく)僕だけだった
  • グループ開発だったが僕は一人チーム
  • 書いた言語はC++
  • やったことはオレオレプロトコルサーバの冗長化実装
  • 普通に時間足りなくて終了
  • 面白かったよ
  • 今回の課題方針だと、技術職インターン生の割合はどうしてもPHP/Railsエンジニアが多めになる傾向を感じる
  • でも課題によってはセキュリティ系が多かったり僕みたいなのが多かったりまちまちっぽい

以下、詳細に説明していきます。

対象読者とまえがき

 当エントリは、Pixivの学生インターンに興味のある技術職向けに書きます。
また、僕の主観はインフラ/ミドルウェア開発に寄っているので、
Pixivを志す学生の多くを占めるだろうPHP/RailsやHTML/CSS/JSによるWebアプリケーション開発者や
Andoroid/iOS開発者としては不満の残る記事になるかもしれません。

 さらに、総合職の人とはあまり話してないので、彼らひいてはこの記事を読むであろう
総合職志望のあなたが持つの関心にそうことができないと思います。

 幸いなことに、同期のインターン生のかれらもまた彼らのエントリを書くことになるので、
Pixivの広報ブログなり何なりから探してみてください。
多くの技術職インターン生はPHP/Railsに詳しい学生でしたし、データ解析やデザイナーの学生もいました。

参加のきっかけ

github面接って応募するコストがまったくないので、締め切り2時間前くらいにぽいっと投げました。
知ってたけどgithub面接って応募するのは楽でも採用するのはエンジニアの時間を持ってくのでけっこう大変らしいですね。
理由は自社ホスティングWebサービスを主にして回っている企業の中身を見てみたかったというのが強いです。 あと金。

採用まで

github面接なので書類はほぼなし、「面接しよ?」ってメールが来たのでSkype面接をお願いして
日程合わせて、お昼から30分弱くらいおしゃべりしました。 RailsPHPもわからんって話とmrubyのC ext ライブラリを書くのが趣味だからruby自体はそれなりにわかるみたいな話をしました。
あと、Go言語が好きでconcurrencyを用いてリクエストを捌くのが面白そうって話はしたようなしてないような気がします。
そしたらなんか受かってたので楽しい東京旅行が決定しました。

環境

 オフィスは商業ビルのワンフロア。フリードリンクでコーヒー、緑茶、紅茶、みそしるから好き勝手持ってってよし。 椅子はいい感じに座りやすい。最寄りの駅からは5分くらい。 パソコンは持ち込み可、僕はZenbookにArchのっけて使っていますが、技術職はほぼMac稀にubuntu/debian、総合職の人たちは
Mac or Windowsでした。 インターン生は、来月新卒が来るらしい空きスペースに陣取って、わいわい開発をしているみたいでした。 

 遠方からのインターン生にはビジネスホテルの部屋が割り当てられて徒歩30分くらいの場所です。

僕はカフェイン中毒者なのでオコーチャとコーヒーを交互にかっぱかっぱ開けて飲んでいました。
勤務時間は10時から19時まで(8時間+1時間休憩)。
真面目に考え事していると18時くらいには眠くなってしまうのと定時帰宅するという強い意志をもって臨んでいたので大体とっととホテルに帰ってゆゆ式見ていました。

課題の割当

みんなの話

 そもそものインターンのコンセプトにとしてPixivの裏側を見れるってのがあり
それにで釣られて来た学生なので、それぞれPixivのサービスの改善の提案と 実装を5日間で試してみるっていう話だったと思います。 二,三人のチームに技術メンターさんと総合職メンターさんに統括の人がついて
下手な会社の研修より人員が投入されてそうな気配すらありました。
おそらく、解析とかマーケとかに興味のある総合職さんの提案を、技術職やデザイナーが
吟味して実装に落とし込む見たいなフローだったんじゃないかなぁと思ってます。たぶんね。

ところで、僕の話をしますと

まずインフラチームのところに連れてってもらって、インフラチームの技術職の人にメンターをしてもらいました。
そしてやや中規模くらいのC++ソースコードを渡されて、コードリーディングをしてもらって内容の把握と設計の方針を教えてもらった後、一人ひたすら拡張の実装を行いました。
冗長化実装を主にやってたのは、僕の中で洗い出された方針の中で調査に時間がかからなそうだったと、メンターさんのおすすめと、改善に必要な情報が守秘義務項目にかかりそうでいらん守秘義務を持つのが嫌だったからです。

 他のチームがユーザから見える部分に重きをおいた課題だったのに対して
僕はサーバの改善というひたすらに技術的な課題を与えられました。
githubにはミドルウェアの拡張とかshared librayの言語clientだとか 言語 to 言語のFFIみたいなのばっかおいているので なんかそういうのが向いていると思われたらしいです。
慧眼だと思います。

 そもそもインフラがメインっぽい人たちは僕以外そんなにいない上に、
当初の予定では、今回はインフラっぽい人が来ることは想定してなかったらしいので
TODOではあるけれどASAPでもMUSTでもないタスクを割り振られた感じがしました。 万が一改善したら御の字みたいなやつ。触りやすくてGoodでした。

 想定外の方向性をついてインターンに参加するとほぼ実務みたいなのが出てきて面白いので
インフラのみんなもPixivをつついて遊んでみましょ?

結果

  課題の結果と、割当の結果についてお話します。

課題の結果について

 技術的調査と仕様の拡張の策定に3日かかりました。ちなみに、全体的な方針はともかくとして個人的にはとりあえず実装してみるという方針で行い、多少悪筋でも動くものを提出するようにしました。 だいたい午前と午後の始まりと終わりにメンターさんに方針を相談して、方針の問題点を洗い出して、 次の調査を行って相談して洗い出してを繰り返していました。必要上、現行の運用方針とかも聞いたりするのは楽しかったです。  C++も書いたことがなくて主にblocking pararrelの調査に時間を割きました。

仕様を提案してレスポンスが返ってくる実装はしたのですが、プロトコルを拡張しただけでサーバとして動く実装が終わらなかったのが心残りです。
プロトコル拡張も仕様としての整合性がいまいち取れてない点に気がついちゃってその対応も半ばという状態です。 ぶっちゃけて言うと時間が足りないのが悪いんじゃい。 最終報告の際、粛々と手堅くエンジニアリングしている的なことを言われたのは喜ばしいことでした。
総合職インターン生やフロントエンド側のインターン生の反応とかいまいちで(喋ってる側としても思ってたけど正直反応に困るってのが普通だと思います)、まあインターン生の中では一番地味な成果だったと思います。

割当の結果について

 他のチームは数人の学生に技術メンターと統括メンターがついておりまして、 また、統括メンターさんは複数のチームを文字通り統括していらしたので、かなり大変だったと思います。
さらにまた面白い話で、僕はインフラチームに連れてかれた後、そのままインフラチームのテーブルで、他の学生と離れて作業していました。
なので統括メンターさんがこっち来ることはあまりなくて、技術メンターの人の隣で作業していたことも相まって 半分OJT状態です
この状態は個人的には、プログラミングのあれからこれまでを相談する相手ってのに恵まれたことがなかったので好ましいものでした。
(プログラマーの先生ってソースコードだよね。仕様がわからんかったら公式ドキュメントか最悪コンパイラ読めよそこにはすべてを置いてあるっていう勉強の仕方してる人です)
元のコードの設計も手堅いように見えましたし、メンターさんの受け答えも明快だったので捗りました。

その状態に問題がなかったかってっとそうでもなく、一番の問題は、他のインターン生とやりとりが一切なくて、最終日の打ち上げでおまえ誰だ感がなかったようななかったようなあったようなって感じです。
KPTも初日しかしてなかったし。
コミュニケーションコストを支払ってチーム開発するのと、一人設計をし続けるのではやはり色々と違うものがあるので、その辺を体験できなかったのは痛手かもしれません。
そういえば、なぜかインフラチームの朝会に混ざって聞いていたのであれはとてもおもしろかったです。途中からなぜか自分もしゃべるようなったので、さらに面白くなりました。 お昼も社員さんに混じってばっかでしたし(おごってもらったありがたい)、水曜日にあった全社員によるランダムマッチお弁当大会(席を完全ランダムに決めてお弁当を食べる)も系列会社だかなんだかの人を他のインターン生が質問攻めにしているのをのんびり聞いてました。

まとめ

ほかにもいくつかありましたが、僕が書くべきことはこれくらいかと思います。
自社ホスティングWebサービス企業において、最も良い環境をエンジニアに提供している企業のひとつであるかと見受けられるPixivさんを見ることができたのは僥倖でした。
しかし、実装がおわらんかったのはすごく痛いなぁ。

 僕は技術と嫌いなことをやらないことと遊ぶことの次にお金のことを考えているので、今回のインターンにかけられたマンパワーと経費を脳内で換算しながら説明とかを聞いていたのですが、 おおーってずっと思いながら聞いていました。ここに書くのもなんなのでリアルで会える知り合いは僕に話題を振ってみてください。守秘義務に反しない程度にお教えします。
インターン終了の次の日、立川シネマシティでガルパンの極爆上映を見た後、博多への新幹線に乗りお家へかえりました。
thnx for reading.